アビシニアンがかかりやすい病気

アビシニアンの特徴は丸みのあるV字形頭部と筋肉質なボディー、アーモンド形の目、目の下にあるクレオパトララインなどです。上品な外見とは裏腹に、非常に甘えん坊な側面があります。

	ちょっとおすましした茶色いアビシニアンの写真

アビシニアンの目の病気

・網膜変性症(網膜変性性疾患)

網膜変性症のおもな症状は、様々な程度の視覚障害です。
網膜の変性が進むにつれて、夜間にものが見えにくい様子を示したり、動くものを目で追い切れず、おもちゃでうまく遊べなかったり、急に触れようとするとおびえたり、といった症状が見られます。
また、猫の目が普段より光っていたり、明るい場所でも瞳孔が開いた状態になっている場合も、発症している可能性があります。
重症化して失明した場合には、壁際や家具に沿って歩くようになったり、物陰にうずくまって大人しくなったりします。
ほかにも、別の目の病気や全身性の病気、薬剤による中毒などに続発して網膜の変性が引き起こされることがあり、この場合は、散瞳や眼振、目の充血、流涙などの症状が見られることもあります。
網膜変性症には遺伝性や後天性などの原因によるものがあり、その種類によって症状の程度や進行は様々です。しかし、その症状は末期になるまで、ほとんど気づかれないことが多いです。また、ほかの目の病気から二次的に網膜の変性が引き起こされることもあります。
網膜変性症の最も代表的な原因は遺伝性であり、これは進行性網膜萎縮症(PRA)とも呼ばれています。
その名の通り、網膜が進行性に萎縮し、数カ月齢ごろから視覚障害の症状が見られるようになり、2歳齢から4歳齢ごろには完全に失明してしまいます。
進行性網膜萎縮症は、猫のなかでも珍しい病気ですが、アビシニアンやペルシャ猫で報告されています。
一方、栄養不足が原因で起こる網膜変性症(タウリン欠乏性網膜変性症)もあります。
これは、猫の必須アミノ酸であるタウリンが不足しているフード(例えば、ドッグフード)を長期にわたって給餌することが原因ですが、現在は市販フードの品質が向上していることから、この病気はめったに見られなくなりました。
このほか、網膜の機能に影響を与えるような、緑内障や脈絡網膜炎といったほかの目の病気、腎不全による全身性高血圧、薬剤による中毒が原因で網膜の変性が引き起こされることがあります。

 

アビシニアンの消化器官の病気

大きな目でこちらを見つめるアビシニアンの写真

・アミロイドーシス
アミロイドーシスでは、おもに腎臓の機能障害が引き起こされます。
そのため、水をたくさん飲み、おしっこの回数が増える(多飲多尿)、体重が減る、元気が無いなどの慢性腎不全の症状が特徴です。また、浮腫(ふしゅ:体のむくみ)や腹水といったネフローゼ症候群の症状が見られることもあります。
膵臓や肝臓などにアミロイドが沈着すると、膵臓の機能が障害され、消化不良による下痢や、これにともなう脱水症状のほかに、まれに糖尿病を引き起こすケースもあります。また、肝臓の機能も支障をきたし、低たんぱく血症や出血傾向が生じることがあります。
アミロイドーシスは、アミロイドという異常なタンパク質が、様々な臓器や組織の細胞に沈着することで発症しますが、先天的な要因や免疫介在性疾患、慢性的な感染症やがん(悪性腫瘍)などが関わっているとも考えられています。
しかし、そのような疾患を特に抱えていない猫でも、突然アミロイドーシスを発症するケースがあり、はっきりとした原因は不明です。
なお、アビシニアンをはじめ、シャムやオリエンタルショートヘアでは、家族性のアミロイドーシスが見られます。

アビシニアンの生活習慣に関する病気

・肥満
全てのアビシニアンで最も注意しなければいけないのは肥満です。
アビシニアンはもともとほっそりとした骨格をしていますが、非常に食欲旺盛。欲しがるままに食べさせているとあっという間にぽっちゃりした猫になってしまいます。
肥満は糖尿病や関節疾患、肝機能不全など別の病気を引き起こす恐れがあるため、普段から食事管理はきちんとしておく必要があります。

▲ページトップ

ペット保険を比較する