アメリカン・コッカー・スパニエルがかかりやすい病気

A・コッカーは温厚で、様々な環境への順応性も優れています。
またA・コッカーは特に目の疾患にかかりやすい傾向があると言われています。
老化とともに皮膚炎や耳の病気、肥満にも注意した方が良いでしょう。

アメリカン・コッカー・スパニエルの目の病気

・チェリーアイ
目頭の部分に、赤くて丸いかたまりが膨れて外に飛び出してきます。
両目にあらわれることもあれば、方目だけのこともあります。
このかたまりが大きくなると、角膜や結膜を刺激したり、犬が気にしてこすったりして角膜炎や結膜炎を起こすこともあります。
第三眼瞼(だいさんがんけん)の裏に涙腺のひとつ、第三眼瞼腺があり両者は通常繋がっていますが、結合が不完全だったり先天的に結合組織がなかったりすると第三眼瞼腺が飛び出してしまいます。
治療法としては局部麻酔をかけて飛び出た第三眼瞼腺を元の場所に押し戻しますが、再発する事が多いです。
症状がひどい場合は飛び出た部分を切除したり、第三眼瞼の奥に繋ぐ手術を行ったりする事もあります。

・緑内障
眼球内の液体により眼圧が高まって視神経を圧迫し、視野が狭くなる病気を緑内障と言います。
初期症状は見た目に変化がありませんが、進行すると瞳孔が開いたままになり、瞳が緑や赤に見えるようになります。
緑内障の原因は分からない場合が多いですが、他の目の病気が原因となって発症する場合もあります。
治療法としては薬で眼圧を下げたり、手術を行って眼房水の流れを良くし眼圧を下げ、視神経への圧迫を減らす方法があります。

・白内障
レンズの役割をしている水晶体が濁り、視力に影響が出る病気を白内障と言います。
水晶体が白濁する為、正面から目を見ると、瞳孔の奥が白く見えます。
原因の多くは老化が原因と考えられています。しかし、外傷や糖尿病、中毒などが原因の場合もあります。
視力障害が起こしたら飼い主がある程度、行動の不自由さをカバーする必要があり、中でも頭をぶつけたり、高いところから落ちるなど、ケガをさせない様に注意が必要です。
手術する方法もありますが、成功率はあまり高くない現状があります。

 

アメリカン・コッカー・スパニエルの皮膚の病気

・アトピー性皮膚炎
猫のアトピー性皮膚炎とは、アレルギーの原因となるアレルゲンが、呼吸器や皮膚を通じて体内に入ることによって引き起こされる皮膚炎のことです。
猫におけるアトピー性皮膚炎の好発部位は、指の間、手首足首付近、口元、目の周辺、結膜、腋の下、鼠径部(そけいぶ=腿の付け根)、耳介、下腹部、肛門周辺などです。
症状は、早ければ3ヶ月齢から出始め、3歳になるころまで少しずつ悪化していきます。
何がアレルゲンになるかは猫によってまちまちですが、ほこり、ダニ(死骸や排泄物)、花粉、フケ、化学薬品などが主な原因とされています。投薬やシャンプーだけではなく、保湿剤の投与や生活環境の改善なども必要になります。

アメリカン・コッカー・スパニエルの骨と関節の病気

・股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)
遺伝的に股関節を形成する骨が充分に発達しない病気です。
一般に、幼犬の時は特に異常は無く、成長するに従い歩行の異常が見られるようになります。
生後4〜6ヶ月頃から腰が左右に揺れたり、後ろ足をそろえて飛ぶようにして歩いたり、座れなくなったりといった症状が現れます。
だんだん運動を嫌がる、うまく立ち上がれない、すぐ座り込むなどの運動障害が出てきて、やがて脱臼や亜脱臼を引き起こす事もあります。
股関節を形成する骨が発達しておらず、骨盤側のくぼみが浅かったり、大腿骨頭が扁平だったりして、股関節がうまく動きません。
成長に従い体重が急激に増え、動きも活発化するため、骨と筋肉の発達にアンバランスが生じ、股関節が変形することが原因として考えられます。
症状は徐々にあらわれてきますが、症状が軽い場合には安静にして、体重を急激に増やさないように注意しましょう。
痛みがあれば薬を用いて、症状を改善しますが、症状が重い場合には手術が必要となります。
手術内容は大腿骨頭や骨盤の手術のほか、人工の関節を入れることもあります。

 

アメリカン・コッカー・スパニエルの耳の病

・外耳炎
耳の中にかゆみが起こり、耳を物にこすりつけたり、耳を触ると嫌がります。
耳の中を見ると黄色くなっていたり、褐色になっていたり、悪臭を放ちます。
原因としてはたまった耳垢に細菌が繁殖したり、変質し外耳道の粘膜に刺激を与える事になります。
耳毛を抜き、消毒液やオイルなどで外耳道を掃除し、その後抗生物質を塗って治療します。
耳の中を清潔に保てば予防できる病気なので、普段から綿棒を用いて掃除してあげることが大切です。
ただし耳掃除を頻繁に行いすぎると炎症を招きやすくなるので注意が必要です。

▲ページトップ

ペット保険を比較する