ラブラドール・レトリーバーがかかりやすい病気

ラブラドール・レトリーバーは世界的に人気のある犬種です。
頻繁な繁殖によりゴールデン・レトリーバーと同様、遺伝性疾患が他の犬種よりも起きやすい犬種です。

ラブラドール・レトリーバーの骨と関節の病気

・股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)
遺伝的に股関節を形成する骨が充分に発達しない病気です。
一般に、幼犬の時は特に異常は現れず、成長するに従い歩行の異常が見られるようになります。
生後4〜6ヶ月頃から腰が左右に揺れたり、後ろ足をそろえて飛ぶようにして歩いたり、座れなくなったりします。
だんだん運動を嫌がる、すぐ座り込む、うまく立ち上がれないなどの運動障害が出てきて、やがて脱臼や亜脱臼を引き起こす事もあります。
股関節を形成する骨が発達しておらず、骨盤側のくぼみが浅かったり、大腿骨頭が扁平だったりして、股関節がうまく動かなくなってしまいます。
成長に従い体重が急激に増え、動きも活発化するため、骨と筋肉の発達にアンバランスが生じ、股関節が変形します。
症状は徐々にあらわれてきますが、症状が軽い場合には安静にして、体重を急激に増やさないように注意しましょう。
痛みがあれば薬を用いて、症状を改善できますが、症状が重い場合には手術が必要となります。
手術内容は大腿骨頭や骨盤の手術をするほか、人工の関節を入れる場合もあります。

・膝の前十字靭帯断裂
加齢で靭帯が弱くなったり、肥満で膝に負担がかかったりすると、膝関節の靭帯が切れて、運動に障害が出る病気です。
靭帯が切れると、足に体重が乗せられなくなり、犬は突然足を上げたまま歩いたり、足を引きずるようになります。
最初は痛みますが痛みは直ぐ消え、また痛くなるといった症状を繰り返します。
この靭帯の断裂は、事故などの大きな力が加わったときに起きます。
また加齢や膝に負担がかかることでも靭帯は切れやすくなります。
放置をすると関節炎を起こしていますので、症状があれば出来るだけ早く動物病院へ連れて行ってあげてください。
手術は別の部位の腱を移植する再腱手術を行ったり、人口靭帯を前十時靭帯に代用したりする方法があります。

 

ラブラドールの目の病気

・白内障
レンズの役割をしている水晶体が濁り、視力に影響が出る病気を白内障と言います。
水晶体が白濁する為、正面から目を見ると、瞳孔の奥が白く見えます。
原因の多くは老化が原因と考えられています。しかし、外傷や糖尿病、中毒などが原因の場合もあります。
視力障害が起こしたら飼い主がある程度、行動の不自由さをカバーする必要があり、中でも頭をぶつけたり、高いところから落ちるなど、ケガをさせない様に注意が必要です。
手術する方法もありますが、成功率はあまり高くない現状があります。

 

ラブラドール・レトリーバーの腫瘍(ガン)


・悪性腫瘍
ラブラドール・レトリーバーは皮膚の腫瘍や血液の腫瘍など、ガンができやすい犬種と言われています。
特に悪性リンパ腫は、血液中の白血球のうち、リンパ腫と呼ばれる細胞が血液にのって全身にまわってしまう病気です。
全身症状が出ると、食欲が低下し、元気がなくなります。
全身症状の他、あごや足の付け根などのリンパ節の腫れが見られます。
特に気付きやすいのは、あごの下のリンパ節の腫れです。
胸部のリンパ節が腫れると咳症状、腸や腹腔のリンパ節が腫れると下痢や嘔吐などもあらわれます。
放っておくと、数ヶ月で死に至るとても危険なガンです。

▲ページトップ

ペット保険を比較する