ウェルシュ・コーギー・ペンブロークがかかりやすい病気

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、牧畜犬として従事していたため、活発で運動好きです。
しかし食欲が旺盛であり太りやすいため、かなりの運動量をこなす必要があります。
コーギーなどの脚の短い犬種は、遺伝的に軟骨を形成する力が弱く、椎間板ヘルニアになる恐れがあるため、肥満にならないように注意しましょう。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの骨と関節の病気

・股関節形成不全
遺伝的に股関節を形成する骨が充分に発達しない病気です。
一般に、幼犬の時は特に異常は無く、成長するに従い歩行の異常が見られるようになります。
生後4〜6ヶ月頃から腰が左右に揺れたり、後ろ足をそろえて飛ぶようにして歩いたり、座れなくなったりします。
だんだん運動を嫌がる、うまく立ち上がれない、すぐ座り込むなどの運動障害が出てきて、やがて脱臼や亜脱臼を引き起こす事もあります。
股関節を形成する骨が発達しておらず、骨盤側のくぼみが浅かったり、大腿骨頭が扁平だったりして、股関節がうまく動かなくなるためです。
成長に従い体重が急激に増え、動きも活発化するため、骨と筋肉の発達にアンバランスが生じ、股関節が変形していきます。
症状は徐々にあらわれてきますが、症状が軽い場合には安静にして、体重を急激に増やさないように注意しましょう。
痛みがあれば薬を用いて、症状を改善しますが、症状が重い場合には手術が必要となります。
手術内容は大腿骨頭や骨盤の手術をするほか、人工の関節を入れることもあります。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの神経の病気

・椎間板ヘルニア
脚が短く、活発で運動好きなコーギーに多いと言われる病気です。
脊椎にある椎間板が何らかの衝撃で破壊されることで神経を圧迫し、痛みや麻痺を引き起こします。
腰がふらつく、脚を引きずる、背中を触ると痛がるなどの症状が出たら椎間板ヘルニアの可能性がありますので、すぐに病院に連れて行ってください。
普段から肥満にならないように注意したり、高いところから飛び下りないように注意が必要です。
ひどくなると後脚が動かなくなってしまい、車椅子になってしまう事もあります。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの目の病気

・緑内障
眼圧が高まり、視神経が障害を受けて、視野が狭くなる病気です。治療が遅れると失明にいたることも。
初期には見た目に変化はありません。進行すると瞳孔が開いたままになり、瞳が緑や赤に見えるようになります。さらに進行すると目が飛び出たようになります。視野も狭くなりますがこれは飼い主には分かりにくいものです。
原因としては眼房水の通り道が狭くなることで起こりますが、その原因がわからない場合と、他の目の病気が原因となっている場合とあります。
治療法としては薬で眼圧を下げることができます。眼房水の生成をおさえたり、眼房水の流れをよくしたりするための手術をすることもあります。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの膀胱の病気

・尿路結石症(にょうろけっせきしょう)
腎臓から尿道までのどこかに結石ができてしまい、詰まったり痛みが生じる病気です。
尿が出にくくなったり血尿が出る事もあります。
結石を取り除くためには基本的に手術しかありません。
腎結石で、両方の腎臓に石がある場合は、片方ずつ期間をあけて手術を行います。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの脳と神経の病気

・てんかん
泡を吹いて倒れるてんかん発作は動物の中でも特に犬に多く見られます。
急に身体を硬直させてばたっと倒れたのち、かすかに身体を震わせながら泡を吹いて意識を失います。
意識を失っている間に、失禁をする場合もあります。
発作は通常30秒以内でおさまり、おさまるとまたいつも通りに戻ります。
この発作は、大脳の前脳という部分の神経細胞に脳波の異常があるときに起こります。
脳腫瘍や脳の奇形、損傷など脳の病気が原因です。
他にも肝臓や腎臓の病気、低血糖、低酸素、ミネラルバランスの乱れなどがてんかん発作の原因に繋がる事もあります。
また、ストレスや天候、遺伝的な要因も考えられます。
てんかん発作が起こる原因となる病気がある場合は、その病気の治療が優先されます。
そうでない場合は抗てんかん薬を服用します。
硬直が長く続くときは命に関わる事もあります。
どんな時に発作が起こりやすいかをよく観察し、発作時の状況や様子を獣医師に伝える事が大切です。
今はスマートフォンやタブレットの動画機能も発達しており、発作時の様子を録画するとより診察にも役立ちます。
原因を特定できれば予防が可能な事もあります。

 

▲ページトップ

ペット保険を比較する