ポメラニアンのかかりやすい病気

ポメラニアンは厚いコートを持っている為寒さに強い犬種ですが、その反面暑さには弱く熱中症にかかりやすい犬種です。
小さいですが活発なので、毎日の運動や散歩は欠かせませんが、骨が細いので脱臼や骨折に注意が必要です。
また目の病気にかかりやすい傾向にあります。

ポメラニアンの目の病気

・流涙症
食物アレルギーが原因であったり、涙小管が詰まっている事が原因で常に涙が溢れる病気です。
涙で目やにも一緒に流出する為、目の周りや鼻の脇の被毛が汚れます。
俗に言う「涙やけ」の状態を指します。
結膜炎や湿疹が出るワンちゃんもいます。
発症してしまったら餌の種類や方法を変更してみて下さい。
涙小管が詰まっている場合は動物病院で詰まりを洗浄してもらう処置があります。
再発しやすい病気なので、結膜炎にならないように、目の周りを清潔に保つ事が重要です。

 

ポメラニアンの気管の病気

・気管虚脱
気管がつぶれ呼吸困難になる病気です。
運動した時や興奮した時に、呼吸が苦しくなってゼーゼーとあえぎます。乾いた咳も出ます。
呼吸が荒くなるだけで、咳は出ない事もあります。
呼吸が苦しいので犬は落ち着きが無くなり、しきりに姿勢を変えたりします。
原因としては気管軟骨が強度を保てない事が挙げられます。
気管は簡単にはつぶれないように軟骨で覆われています。
ところが先天的に軟骨の力が弱かったり、気管周囲の筋肉が弱くなったりすると、気管がつぶれてしまいます。
そして空気が通りにくくなり、呼吸も苦しくなります。
他にも肥満や加齢が原因となっていることもあります。
咳を抑える薬や気管支を広げる薬を投薬し対処しますが、一時的な効果が出るだけで再発を繰り返す事もあります。
重症の場合は手術をする事も有りますが、完治は難しいようです。
夏の暑い日に症状が出やすいので、そのような日は涼しい場所で安静に過ごさせる配慮が必要です。

 

ポメラニアンの骨と関節の病気

・膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)
膝のお皿と呼ばれている部分(膝蓋骨)がずれてしまうタイプの脱臼です。
痛みはなく自然に治る場合もありますが、症状が重いと痛みと腫れが生じ、脱臼している側の脚を地面に着けなくなります。
脱臼の仕方により、膝から下が内側や外側に曲がる事も有ります。
原因として多いのはジャンプなど膝に負担がかかるような外傷や、高いところから飛び降りたりの他、先天的なものや、靭帯の位置がずれていたりする事などです。
ごく軽い脱臼であれば経過観察で済みますが、多くの場合手術が必要となります。
遺伝的な要因であれば軽い脱臼であっても、若くて元気なうちに手術をしておいたほうが良いでしょう。
カーペットやコルクマットを敷いて衝撃を吸収することで予防できます。

 

ポメラニアンの生殖器の病気

・停留精巣
停留睾丸(ていりゅうこうがん)または陰睾(いんこう)とも言われます。
精巣が正しい位置にない状態をいい、放っておくと精巣腫瘍を起こしやすくなります。
胎子の場合、精巣が腎臓付近に出来ますが、出生が近付くとだんだん体の後部に移動し、陰嚢内に納まるのですが、何かの異常で後部に移動する動きが止まってしまう事を停留精巣と呼びます。
目立った症状は現れませんが、精巣腫瘍になる可能性がありますので、治療は必要となります。
両方の精巣が停留してしまうと繁殖能力は失われてしまいます。
主に遺伝的な疾患と考えられており、手術によって停留した精巣を摘出します。
片方だけでも繁殖は行うことは出来ないことはないですが、遺伝的疾患を起こす可能性が高いので、繁殖は控えたほうが良いです。

 

ポメラニアンの熱中症

ポメラニアンは体が小さく厚いコートを持っています。
その上、体が地面から近いため人間よりも熱中症になりやすく、特に注意が必要となります。
暑さだけではなく湿気にも弱く、高温多湿の環境下では5〜15分程度でも熱中症にかかってしまいます。
呼吸が荒くなったり、よだれを垂らしたり、ぐったりしていたら熱中症の可能性を疑ってください。
最悪の場合死に至る事もありますのですぐに応急処置を施す必要があります。
まず体を冷やす事が先決で、日陰に寝かせ、首の付け根を冷やしてあげます。
首の付け根には太い動脈が走っている為、効果的に熱を下げる事が出来ます。
次に胴体に水をかけてあげたり、濡れた布をかけて体温を下げてあげて下さい。
頭の下に保冷剤を敷いて冷やしたり、意識がある場合はお水も飲ませてあげましょう。
スポーツドリンクを薄めたものや、出来れば500ccの水に塩ひとつまみ入れた程度の食塩水が好ましいです。
普段から暑い環境を避け、こまめに水分を摂取させるなど熱中症予防が重要です。

▲ページトップ

ペット保険を比較する