プードルがかかりやすい病気

プードルは正方形に近い体型に、堂々とした身のこなしと優雅な容姿を持ち合わせ、バネのような軽やかな動きをしています。水辺で猟師が打ち落とした鳥を回収するのに使われていたので、体の構造はその時の役割を反映した造りとなっています。

横向きでこちらを見つめるグレーのプードル

プードルの眼球の病気

・白内障
レンズの役割をしている水晶体がにごり、視力に影響がでる病気です。
水晶体が白濁するため、目が正面から見ると、瞳孔の奥が白くみえます。白濁が進行すると、ものにぶつかる、フラフラと歩くなど、視力障害の様子を見せるようになってきます。
水晶体は主に水とタンパク質でできています。多くは老化が原因ですが、外傷や糖尿病、中毒などが原因な場合もあります。
進行すると視力障害を起こすため、行動の不自由さを飼い主がカバーする必要があります。
根治的な治療には手術する方法もありますが、成功率はあまり高くないのが現状です。ケガをさせないケアを。

 

プードルの涙器の病気

・流涙症
涙があふれて、目のまわりが汚れ、結膜炎などを起こすこともあります。
涙があふれ、目やにも一緒に流出するため、目の周りや鼻のわきの被毛が汚れます。湿疹がでることもあり、かゆみから目頭をこすります。
涙が溢れる原因は、角膜炎や結膜炎などで涙の量が増えることと、結膜炎などで涙小菅が詰まり、涙の排出量が減少することがあげられます。
原因にあわせて治療をしましょう。
原因となる病気があればその治療をします。涙点や涙小菅が詰まっている場合は、細い管を差込み、管を洗浄します。
結膜炎にならないよう、目の周りを清潔に保つことも再発しないための予防として大切です。

 

プードルの皮膚の病気

横向きの白いプードルの写真

・脂漏症
角質化異常による皮膚の病気で皮膚の角質化が極端に進んだり、皮脂腺から過剰に脂がでたりして起こる完治しにくい慢性の病気です。
被毛が脂っぽくなってべたついた感じになります。体臭が強くなり、脱毛があったり、フケが落ちたりします。反対に皮膚がかさつく場合もあります。
原因としてはホルモンの分泌異常や脂肪のとり過ぎなど。皮膚細胞の代謝が、5〜7日くらいの短いサイクルになり、角質化が以上に進みます。ホルモンの分泌異常、脂肪のとりすぎ(あるいは摂取不足)、寄生虫などの感染、アレルギーなどで起きますが、原因を特定はできません。ほかの皮膚病から二次的におこることも。
薬浴などで症状をおさえることができます。
専用のシャンプーで薬浴したり、低脂質食を与えたりして症状をおさえることはできます。ただ、完治は難しいです。

▲ページトップ

ペット保険を比較する